療育 · 2021/10/22
どすこい!はぐくみ場所
9月といえば十五夜。十五夜とくればやはり相撲ですよね!お友達と勝負したり,お友達と協力して先生と対決したりと,楽しく活動に取り組めました(^-^) 相撲という遊びの特長は,「重力に抗してぐっと力を入れ続ける」という動作にあります。この動作が体の土台(体幹)作りに大いに役立つのです。相撲の他だと,手押し車やアスレチック,鉄棒にぶら下がるのも効果的です!このような運動遊びで培われた体幹は,姿勢の安定につながるだけでなく,手先の発達にも大変重要です。 と言っても,いきなり詰め込むのは大変ですから,遊びやお手伝い(洗濯ものを畳む,タンスにしま,布巾を絞る,布巾で拭く 等)を通してスモールステップで取り組んでいけるとよいと思います(^-^) さて,十五夜相撲はぐくみ場所はというと,やはり先生は強かった!!それでもめげずに挑戦する姿が,とても頼もしく見えました(^-^) 尻相撲や押し相撲,腕相撲などいろいろなバリエーションで遊ぶのも楽しそうなので,機会を見つけて挑戦したいと思います。 「続きを読む」から他の写真も確認できますよ!
療育 · 2021/10/18
令和3年度 公開療育
令和3年度公開療育を10月15日(金)に行いました!当日は外部から5名の先生方にお越しいただき,療育の様子を参観してただいたあと,活動の反省や協議,質疑応答などを行いました。 活動は「動物にご飯を食べさせよう!」として,半分に分けらた食べ物の模型を手掛かりに,いくつかの障害物をクリアしながら,ハンカチの下に隠されたもう半分の食べ物を探し動物に食べさせる,というものでした!これは,ワーキングメモリと粗大運動を組み合わせた活動です。ハンカチを「ちがう」「ちがう」と言いながらめく姿からは,認知面の成長を感じることができました! 一通り活動が終わった後に触覚刺激の活動も行いましたが,その際は子ども達が参観にいらした先生方の手を取って一緒に活動する姿も見られ,楽しい活動になったのではないでしょうか。 人の多さに子ども達が緊張してしまうのではないかと心配しましたが,堂々と活動に取り組む子ども達に,逆に私たち大人が助けられたように感じます(^-^)みんなよく頑張りました! 今回は,活動案と協議・情報交換記録も公開いたします。活動の様子の写真と併せて,ぜひご覧になってください!
療育 · 2021/10/15
砂場で遊んだよ!
鹿児島県緊急事態宣言中は園外活動が難しかったのですが,少しでも外の空気を!!ということで,9月の感覚遊びは砂場でした(^-^) 山を作ったり足を埋めてみたり,道具を使って団子やドーナツを作ったりして楽しみました。 砂場にはもちろん裸足で入りますし,素手で砂に触れます。 この感覚を「気持ちいい!」「楽しい!!」と感じる子どもさんもいれば,「汚れるのイヤだな」「足に吸い付く感じがチョット・・・」と苦手意識のある子どもさんもいます。砂場が苦手な子どもさんは本当なら「こんな場所いやだ!」と別な場所へ行きたいと思うのですが,その場にとどまり砂場の囲いに腰を下ろして他の子どもさんの様子を見ていてくれました(*^^*)一見,活動に参加していないと思われがちな行動ですが,私たち療育の現場ではそのような行動も「場を共有しようと協力してくれている」と捉えるようにしています。そうすると,子ども達に掛ける言葉も自ずと違ったものになってきます(^-^) 楽しい砂場遊びになりました! 「続きを読む」から他の写真も確認できますよ(^-^)
9月のやまびこさん
9月のやまびこ医療福祉センタースタッフ派遣事業は,ST(言語聴覚士)の先生にお越しいただき,午前の部の洗濯ごっこを見ていただきました(^-^) 内容は,タオルやハンカチを①洗う ②絞る ③干す ④畳む というものです。この洗濯ごっこは,手や指先へたくさんの刺激があり,療育としてとてもよい活動だとおっしゃっていただきました。手順に合わせて絵カードを準備したことで,スムースに活動を切り替えられたことも良かったです! 今回特に勉強になったのが「オノマトペ」の効果です。ギュッギュッ ゴシゴシ パッパッ パッチン ペッタン パタパタ といった擬音語や擬態語をオノマトペと言います。赤ちゃん言葉と捉えらることもありますが,状態や動作を表わそうとする前段階としては大変有効なのだそうです。何より,オノマトペはその響きも楽しいですよね!オノマトペを味わいながら,手順の絵カードと実際の動作をマッチングさせていくことで,感情の高まりにつながっていくのだということでした。 また,動作のまねをすることは言葉の発達の準備段階なのだそうです。今後の療育でも,たくさんのオノマトペを見つけて使ってみようと思います!
療育 · 2021/10/08
地震
先日の地震,特に大きな影響等はなかったようですが,みなさんも心配されたことと思います。はぐくみハーモニーでは,毎月避難訓練を行っております! まずは,写真や絵カードで地震や火事,避難の様子を伝えます。子ども達からはどのような様子なのか,何をしなければならないのか,積極的に意見が出てきました! 次に,避難の仕方を学びます。先生の手本を見ながら,机の下に入ったり,ハンカチ等で口や鼻を塞いだりしました。 9月は天気にも恵まれたので,近くの公園まで実際に移動をしました。公園では,園長先生から「おかしも」について,やはり絵カードを使ってお話していただきました。 毎月の訓練は,このような流れで行われています。 先日の地震では,部屋に一人だった子どもさんが訓練の通り机の下に入り,机の脚をしっかり掴んで避難していたと,ご家族から教えていただきました! 地震は怖かったですが,子どもさんが自分で判断して避難した様子を聞くと,とても嬉しくなったところです。 やはり,繰り返し取り組むことが大切なのだなと感じました。 「続きを読む」から他の写真も確認できますよ!
療育 · 2021/10/04
もさもさ!ミノムシさん
先月も暑い日ばかりでしたが,深まりゆく秋を意識して(笑),9月の制作活動はミノムシ作りに挑戦しました(^-^) まずは,折り紙をビリビリと破いてミノムシの体に付ける蓑を作ります。これまでに取り組んだ新聞紙遊びの経験が生きました! 次に,蓑を体に貼りつけていきます。使用するのは,デンプン糊。指ですくって塗りつけるタイプのものです。これがなかなかの難関!!手が汚れるのが苦手だったり,ベトベトの感触が苦手だったりするこどもさんもいれば,破いた折り紙から糊がはみ出てはいけないと気を張り詰めすぎたりする子どもさんもいます。しかし!以前は綿棒を使って糊を塗っていた子どもさんも,だんだんと指で直接すくうことができるようになってきています(*^^*)嬉しい変化ですね!「はみ出てはいけない」と感じている子どもさんには,新聞紙を下に敷き,先生方がはみ出して糊を塗る様子を実際に見せるなどして対応しました。今後も繰り返し繰り返し,取り組んでいきたいと思います。 ミノムシさんが寒くないように,たくさんの蓑を着せてあげて,かわいいミノムシさんが完成しました(^-^) 「続きを読む」から,他の写真も確認できますよ!
療育 · 2021/10/01
画伯誕生!
9月は雨天時の活動の振替を利用して,お絵かきに取り組むことができました(*'ω'*) 用紙は壁掛けのカレンダーの大きさで,子ども達にとっては腕を伸ばして描けるほどの大きさです! 実は,このように腕を伸ばして大きく絵を書くこと(肩をグルグルと動かすこと)は,発達の段階においてとっても大事な動きなんです。 箸や鉛筆は指先を使う微細運動ですが,それを支えるのは安定した姿勢を保ったり移動したりする運動だと言われています。絵を書くのが得意でない子どもさんも,大きく腕(肩)を動かしてグルグルと線を描くだけでも,よい刺激になるのです(*^^*) 子ども達も楽しんで取り組んでいましたが,先生方もその腕前を発揮!子ども達の希望する絵を描いて,注目を集めていました(^-^) 「続きを読む」から他の写真も確認できますよ!
療育 · 2021/09/28
はないちもんめ
8月の社会性遊びで,はないちもんめに挑戦したのは,午後の部の子どもたち。夏休み中の活動でしたので,卒園生のお友達も特別参加!!とても楽しい活動になりました。 ところで,「はないちもんめ」ってなんのこった?という方も多いと思います。漢字で書くと「花一匁」。つまり,花一つの料金が銀一匁で,まけて買えて嬉しいお客と,まけて買われてしまった売り手とのやりとりを遊びにしたものです。しかし,「花」とは若い娘のことだとも言われており,「かごめ かごめ」同様,実は少し怖い遊び歌だったりもします。 ・・・余談はこのくらいにして,この遊びの良いところは,お友達の顏と名前を一致させて遊べることです。気心知れた友達が増えてくると,その場も自然と居心地が良くなってくるものです(^^♪ また,これまで様々な場面で取り組んできたじゃんけんの力も発揮されました! 室内でも体を動かすことができるのもいいですよね(*^^*) 相談する子どもたちの姿を見ているだけで,こちらもワクワクした気持ちになれました! 「続きを読む」から他の写真も確認できますよ!
療育 · 2021/09/24
大漁!楽しかった魚釣り
8月の社会性遊びは,魚釣り(午前の部)を楽しみました! まずは,泳がせる魚を作ります。シールやペンを使って,色とりどりの魚がたくさんできあがりました。 いよいよ魚釣りです(^-^)この活動では,色や数に親しむことを目的としています。お題の色の魚を釣る場面では,自分の作った魚を釣ろうとする子どもたち。釣った魚をずっと手元に置いておくと,海(シート)の中は空っぽになってしまいますので,釣ったら海に戻すリリース方式を採用(笑)していましたが,自分で作った魚は海に戻したくない!というとても子どもらしい場面もありました(*^^*)最後には,自分も海で泳いでしまえ!!という場面もあって,見立ての力が成長していることも感じられました(*^^*)ゆらゆら揺れる釣り糸をなんとか魚にひっかけようと,よく集中できた活動になりました! 活動の目的は色や数に親しむことですが,実際には目と手の協応動作や,「青を〇匹」などの複数の指示(ワーキングメモリ)へのアプローチも含まれています。改めて,横断的に,また包含的に活動を進めていくことの大切さを感じたところでした。 「続きを読む」から他の写真も確認できますよ!
療育 · 2021/09/17
夏だ!プールだ!2
県緊急事態宣言が発令されるまでは,8月も水遊びをしていました(>_<)月の後半では,絵の具を使って色水やボディペイントの活動を予定していたのですが,それが実施できずに残念( ;∀;)今回は,月前半の活動の様子を紹介します。 午前の部の子どもたちは実はとっても逞しく,顔に水がかかってもなんのその!!楽しく水に親しむことができました(*'ω'*) 午後の部の子どもたちは,カラーのゼリーボールで碁石拾いに挑戦。「青を集めて!」「赤を集めます!」という一つの指示から始まり,「青を3つ」「赤を2つ」と指示が二つに増え,最後は「赤を〇つ,青を△つ,緑を・・・」と指示が三つにも四つにも増えました。これは「ワーキングメモリ」と呼ばれる作業記憶に働きかける活動です。ワーキングメモリが少ないときは,指示を一つずつ出すことで作業がしやすくなると言われています。水に透き通って色が分かりにくかったのですが,みんな楽しそうに取り組んでくれました(^-^) 以前紹介した,人工芝も活躍しています。「芝の外には出ない」という約束も,視覚的に説明できるのでとても分かりやすいです。 他の写真は「続きを読む」からどうぞ!

さらに表示する